JR東、新幹線車内巡回でウェアラブルカメラの実証実験

ニュース画像:ウェアラブルカメラを装着した警備員のイメージ - 「JR東、新幹線車内巡回でウェアラブルカメラの実証実験」
ウェアラブルカメラを装着した警備員のイメージ

©JR東日本

JR東日本とセントラル警備保障は、2020年11月17日(火)から12月7日(月)まで、ウェアラブルカメラを装着して新幹線車内警備を行う実証実験を実施します。

試験では、警備員の胸部にカメラを装着し、撮影しながら車内巡回を行います。異常時に、ライブ映像を確認しながら遠隔で後方支援し、迅速かつ的確な対応を行うことを目的とします。今回の実証実験では、走行する車内の通信状態の確認や、車内で撮影に適さない場所などを把握します。実証実験エリアは、東北新幹線の東京〜盛岡間、上越新幹線の東京〜新潟間、北陸新幹線の東京〜長野間です。

車内で撮影した映像データは実験の利用目的の範囲のみで使用し、第三者への提供はしないこと、取得したデータから個人を特定することはなく、終了後には速やかに消去する方針です。

期日: 2020/11/17 〜 2020/12/07

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ