折尾駅新駅舎、1月2日から使用開始 大正時代の旧駅舎を再現

ニュース画像:折尾駅 イメージ - 「折尾駅新駅舎、1月2日から使用開始 大正時代の旧駅舎を再現」
折尾駅 イメージ

©JR九州

JR九州は2021年1月2日(土)始発から、北九州市八幡西区の折尾駅において、新駅舎の使用を開始します。

新駅舎は、交通環境改善を目的とした折尾地区総合整備事業に伴い、1916年(大正5年)に建設された旧折尾駅舎の外観を可能な限り再現しています。現在の北口、東口、西口のきっぷうりば、改札は廃止され、1箇所に集約、鹿児島本線の新ホームとして4 番・5 番のりばの使用が開始されます。鹿児島本線と福北ゆたか線、若松線の乗り換え経路も短縮される予定です。

新駅舎使用開始前日の1月1日(金)は、夜間大規模な切替工事が実施され、23時30分頃から上下線で10本の運休列車が発生します。1月2日(土)の供用開始後は、2021年度中に折尾駅の全線高架化が完了、2022年度中に北口駅前広場が完成、2024年度中に南口駅前広場が完成する予定です。

期日: 2021/01/02から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ