阿佐東線、DMV対応工事で12月から全線運休 バス代行輸送

阿佐海岸鉄道は、DMV運行開始に向けた工事に伴い、2020年12月1日(火)から2021年3月末頃まで、阿佐東線の全線全列車を運休、バスによる代行輸送を実施します。

阿佐東線では、2021年からのDMV運行に向け関連した準備が進められており、11月1日(日)からは牟岐線の阿波海南〜海部間を編入、以降、JRが牟岐線で運行している代行バスは海部駅まで乗り入れています。

12月1日(火)からは、JRの代行バスは牟岐線の牟岐〜阿波海南間での運行となり、阿佐東線区間では、阿波海南〜甲浦間で代行バスが運転されます。阿佐東線の代行バスは1日あたり上下18便が運行され、全便、JR代行バスと接続しています。

期日: 2020/12/01から

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ