鬼滅の刃、12月から京都鉄道博物館で無限列車の世界を表現

ニュース画像:「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」 - 「鬼滅の刃、12月から京都鉄道博物館で無限列車の世界を表現」
「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」

©JR西日本

東映太秦映画村・京都鉄道博物館・京福電気鉄道(嵐電)は、テレビアニメ「鬼滅の刃」コラボイベントを2020年12月26日(土)から2021年3月14日(日)まで開催します。「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」と題し、映画村、嵐電に加え、京都鉄道博物館も会場となり、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の世界を体感できるイベントです。

この企画は、2019年に好評だった「鬼滅の刃 京ノ御仕事」の第2弾です。映画村では、参加者自身がキャラクターになった気分を味わえる劇中再現セット、アニメの場面写真などを展示します。また、嵐電は前回と同じくオリジナルコラボ電車を運行します。今回初コラボの京都鉄道博物館では、所蔵する蒸気機関車(SL)などと炭治郎たちのコラボ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」と「鬼滅の刃」の世界を体感できるイベントが予定されています。

イベント内容の詳細は改めて発表されますが、JR九州でのSL8620形「58654」で「無限列車」の運行、JR東日本のSLぐんま よこかわ「C60 20」での「鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~」など、各地で盛り上がりを見せる「鬼滅の刃」とのコラボレーションだけに、今後の内容が注目されます。

期日: 2020/12/26 〜 2021/03/14

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ