12月25日閉館の「名鉄資料館」 閉館記念入場券が登場

ニュース画像:「名鉄資料館」閉館記念入場券 おもて - 「12月25日閉館の「名鉄資料館」 閉館記念入場券が登場」
「名鉄資料館」閉館記念入場券 おもて

©名古屋鉄道

名古屋鉄道は、2020年11月20日(金)から2021年2月28日(日)まで、名鉄資料館の閉館に合わせ記念入場券を販売しています。取り扱い箇所は犬山駅、西可児駅、新可児駅です。販売額は170円、1人5枚まで購入できます。限定2,000枚を販売、無くなり次第終了です。

名鉄資料館は、創業100周年の1994年6月に名古屋鉄道の歴史を物語る数々の資料の保存・展示施設として、開館しました。開館から26年の2020年12月25日(金)に閉館します。

今回の記念入場券は、「名鉄資料館閉館記念」として最寄り駅の日本ライン今渡駅の入場券をつけて発売されました。入場券には、表面に名鉄資料館の外観が、裏面には展示室の様子が印刷されています。

期日: 2020/11/20 〜 2021/02/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ