海浜幕張、検見川、稲毛海岸駅、12月からペリエが駅運営 制服も刷新

ニュース画像:海浜幕張駅 - 「海浜幕張、検見川、稲毛海岸駅、12月からペリエが駅運営 制服も刷新」
海浜幕張駅

©RailLab ニュース

千葉エリアの駅ビル「PERIE(ペリエ)」を運営する千葉ステーションビルは、2020年12月1日(火)から、海浜幕張駅、検見川浜駅、稲毛海岸駅の駅運営をJR東日本から受託します。3駅では駅員の制服を、ペリエ千葉にも出店するビームスが手掛けたデザインに一新します。

「ペリエ」と一体で運営する駅は「ペリエステーション」と称し、その魅力を高めるとともに、駅を中心とした魅力ある街づくりが推進される予定です。千葉ステーションビルがSC事業で培ったノウハウをベースとした、駅と商業施設・店舗等の総合的な運営により、従来の枠組みにとらわれない新たなサービスの提供を目指します。

12月1日(火)から1月31日(日)までは、JR東日本グループが実施してきた「案内AIみんなで育てようプロジェクト」に参画、海浜幕張駅で、人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」の実証実験が実施されます。

期日: 2020/12/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ