舞台は「ななつ星」、人気作家7名の小説集 刊行

ニュース画像:ななつ星が舞台 「Seven Stories 星が流れた夜の車窓から」 - 「舞台は「ななつ星」、人気作家7名の小説集 刊行」
ななつ星が舞台 「Seven Stories 星が流れた夜の車窓から」

©文藝春秋

文藝春秋は2020年11月25日(水)、クルーズトレイン「ななつ星」を舞台にした小説集「Seven Stories 星が流れた夜の車窓から」を刊行しました。価格は税別1,500円で全国の主な書店、ネットストアで購入可能です。

「Seven Stories 星が流れた夜の車窓から」は、2020年に運行開始7周年となるJR九州の豪華寝台列車「ななつ星」の旅の記憶や憧憶を7人の人気作家たちが短編小説やエッセイなどで描いた作品集です。運行開始から7年目を迎えるいまも、予約が取れない人気の「ななつ星」をめぐって織り成す、7人の「旅と人生」の物語です。

また、「ななつ星」車内でしか購入できない限定セットも販売します。限定セットは、九州をエッセイと写真で紹介するビジュアル冊子「ななつ国物語」と2冊セットの特装版です。ビジュアル冊子は、浅田次郎さん、安部龍太郎さん、桐野夏生さん、小池真理子さん、島田雅彦さん、高樹のぶ子さん、林真理子さんの7人の作家による、九州7県にまつわるエッセイの書下ろしです。

■「Seven Stories 星が流れた夜の車窓から」著者及び収録作
・糸井重里さん :「帰るところがあるから、旅人になれる。」
・井上荒野さん :「さよなら、波瑠」
・恩田陸さん :「ムーン・リヴァー」
・川上弘美さん :「アクティビティーは太極拳」
・小山薫堂さん :「旅する日本語」
・桜木紫乃さん :「ほら、みて」
・三浦しをんさん :「夢の旅路」

期日: 2020/11/25から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ