小田急「ロマンスカーミュージアム」、2021年4月中旬オープン

ニュース画像:小田急 ジオラマパーク(イメージ) - 「小田急「ロマンスカーミュージアム」、2021年4月中旬オープン」
小田急 ジオラマパーク(イメージ)

©小田急電鉄

小田急電鉄は、「ロマンスカーミュージアム」を2021年4月中旬に開業します。神奈川県海老名市の小田急海老名駅に隣接する場所に現在、建設中のミュージアム館内には、3000形「SE」、3100形「NSE」、7000形「LSE」、10000形「HiSE」、20000形「RSE」の歴代ロマンスカーを展示するロマンスカーギャラリー、小田急線開業当時の車両「モハ1形」が展示されます。

「ロマンスカーミュージアム」は、2階建の構造です。1階には、同社やロマンスカーの歴史を凝縮したショートムービーを放映するヒストリーシアターと一部の車両では乗車して車内も楽しむことができるロマンスカーギャラリーが配置されています。

ニュース画像 1枚目:ロマンスカーミュージアム ロゴマーク
ロマンスカーミュージアム ロゴマーク

©小田急電鉄

2階には、小田急沿線の近郊区間の複々線などの鉄道設備から箱根・江の島・大山などの観光地まで、国内最大級の「ジオラマパーク」を設置し、1/80スケールの鉄道模型「HOゲージ」を中心に走行させ、その特徴や魅力を再現しています。また、ロマンスカーをテーマにした、子どものための空間「キッズトマンスカーパーク」では、ペーパークラフトや感覚的に楽しめるインタラク ティブ型のデジタルコンテンツ、ロマンスカー・LSEの実際の運転台を活用したシミュレーターも楽しめます。

ニュース画像 2枚目:実際のLSE運転台を活用したシミュレーター
実際のLSE運転台を活用したシミュレーター

©小田急電鉄

このほか、海老名駅や海老名電車基地を行き交う電車が一望できる屋上テラス「ステーションビューテラス」や限定商品も販売予定のミュージアムショップ、ミュージアム来館の方以外も利用できるカフェも設置予定です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ