鉄博、C57に「さようならSL」ヘッドマーク SL最終定期列車を再現

ニュース画像:さようならSLヘッドマーク - 「鉄博、C57に「さようならSL」ヘッドマーク SL最終定期列車を再現」
さようならSLヘッドマーク

©鉄道博物館

さいたま市大宮区の鉄道博物館は、2020年12月12日(土)から12月28日(月)までの期間、本館1階 車両ステーションのC57形135号機に「さようならSL ヘッドマーク」を取り付け展示します。

ヘッドマークの掲出は、C57形135号機が、1975年12月14日に蒸気機関車による国鉄最後の定期旅客列車運転を行ってから45年を迎えることを記念して実施されるものです。ヘッドーマークは、当日掲出されたものを模したものとなります。

なお、12月2日(水)から12月28日(月)までの平日限定で、「C57形 転車台回転・汽笛吹鳴実演」も実施されます。転車台の回転に合わせ、展示車両の特徴や、誕生から鉄道博物館に展示されるまでの様々なエピソードが展示解説員によって解説されます。

12月はこのほか、鉄道博物館謎解きイベント「鉄博迷宮(てっぱくラビリンス)2020」や、展示車両のクリスマス装飾、クリスマスオリジナルキャンドル作り体験なども開催される予定です。

期日: 2020/12/12 〜 2020/12/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ