JR西日本、2020年大晦日は終夜運転せず臨時列車を運転

ニュース画像:臨時列車運転区間 - 「JR西日本、2020年大晦日は終夜運転せず臨時列車を運転」
臨時列車運転区間

©JR西日本

***新型コロナウイルス感染症拡大により大晦日に予定していた臨時列車運転を取りやめ:12月15日追記***

JR西日本は、2020年12月31日(木)大晦日から2021年1月1日(金・祝)元旦にかけての終電以降に、臨時列車を運転します。 臨時列車は終電から概ね深夜3時頃まで、以下の路線で約15分から60分間隔で運行する予定です。例年実施していたすべての線区での終夜運転は実施しません。

なお、JRゆめ咲線については、終電までの運転となります。

■臨時列車運転区間
・JR京都線〜JR神戸線:京都〜大阪〜西明石(約20〜40分間隔)
・奈良線:京都〜城陽(約30分間隔)
・学研都市線〜JR東西線:四條畷〜京橋〜尼崎(約30分間隔)
・大阪環状線:内回り・外回り(約15分間隔)
・大和路線:奈良〜JR難波(約30〜60分間隔)
・万葉まほろば線:奈良〜桜井(約30分間隔)

期日: 2020/12/31 〜 2021/01/01

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ