JR東日本管内で大雪の影響により運転見合わせ多数

2020年12月17日(木)12時現在、日本海側や太平洋側山沿いを中心に各地で大雪が続いています。この影響により、JR東日本管内の路線では列車の遅延や運転見合わせが相次いでいます。

現在、運転を見合わせているのは山形新幹線(山形~新庄駅間)、上越線(長岡~水上駅間)、奥羽本線(新庄~村山駅間)、仙山線(愛子~山寺駅間)、北上線、津軽線(蟹田~瀬辺地駅間)、飯山線(戸狩野沢温泉~越後川口駅間)、大糸線(信濃大町~南小谷駅間)です。

その他の路線でも、遅延や運休が発生しており、今後の運行情報や気象情報にも注意が必要です。

■運転を見合わせている路線(区間)
運転を見合わせている路線状況等
山形新幹線(山形~新庄駅間)運転再開見込は立っていません。
上越線(長岡~水上駅間)運転再開見込は立っていません。除雪作業のため、少なくとも16時頃まで運転を見合わせます。バスによる代行輸送は行いません。
奥羽本線(新庄~村山駅間)運転再開は18時頃を見込んでいます。
仙山線(愛子~山寺駅間)運転再開は18時頃を見込んでいます。
北上線始発から昼頃まで運転を見合わせていましたが運転を再開しました。
津軽線(蟹田~瀬辺地駅間倒木の影響で運転を見合わせていましたが12時30分頃運転を再開しました。
飯山線(戸狩野沢温泉~越後川口駅間)運転再開見込は立っていません。代行輸送は行いません。
大糸線(信濃大町~南小谷駅間)運転再開は15時頃を見込んでいます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ