JR北、2021年春のダイヤ改正で東京〜函館間 1分短縮

ニュース画像:はやぶさイメージ(キイロイトリさん撮影) - 「JR北、2021年春のダイヤ改正で東京〜函館間 1分短縮」
はやぶさイメージ(キイロイトリさん撮影)

©キイロイトリさん

JR北海道は2021年3月13日(土)、春のダイヤ改正を実施します。今回の改正で、北海道新幹線「はやぶさ」の時間を短縮、これにアクセスする「はこだてライナー」の時刻を見直し、東京〜函館間の所要時間を1分短縮します。

この1分の時間短縮は、東北新幹線 上野〜大宮間の最高速度が毎時110キロメートル(km/h)から130km/hに引き上げられることによるものです。これにより、東京から新函館北斗間を最速で結ぶ「はやぶさ」下り2本と上り1本の計3本の所要時間が3時間57分となります。

また、北海道新幹線とアクセスする「はこだてライナー」については、2本の時刻を見直し、東京〜函館間の最短の所用時間が、乗り換え時間を合わせ4時間28分となり、現行より1分短縮されます。

■1分時間短縮となる北海道新幹線「はやぶさ」
・下り
はやぶさ7号 東京発8:20〜新函館北斗着12:17
はやぶさ13号 東京発9:36〜新函館北斗着13:33
・上り
はやぶさ44号 新函館北斗発17:26〜東京着21:23

■1分時間短縮となる北海道新幹線と乗り換えができる「はこだてライナー」
はこだてライナー (はやぶさ7号と接続)
  新函館北斗発12:35〜函館着12:50
はこだてライナー(はやぶさ44号と接続)
   函館発16:55〜新函館北斗着17:14

期日: 2021/03/13から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ