JR貨物、新たに3形式の機関車を増備 2021年春のダイヤ改正

ニュース画像:EF210形電気機関車「金太郎」(norikadさん撮影) - 「JR貨物、新たに3形式の機関車を増備 2021年春のダイヤ改正」
EF210形電気機関車「金太郎」(norikadさん撮影)

©norikadさん

JR貨物は2021年3月13日(土)のダイヤ改正にあわせ、3形式の機関車計18両を新たに増備する計画を公表しました。

新製するのは、高速・重けん引用のEF210形電気機関車(ECO-POWER 桃太郎)11両、駅構内入換作業用のHD300形ハイブリット機関車1両、本線用及び貨物駅での入換用のDD200形ディーゼル機関車6両です。併せて、フォークリフト99台も新製する予定です。

ニュース画像 1枚目:HD300形ハイブリット機関車(トレインさん撮影)
HD300形ハイブリット機関車(トレインさん撮影)

©トレインさん

ニュース画像 2枚目:DD200形ディーゼル機関車(Tomo-Papaさん撮影)
DD200形ディーゼル機関車(Tomo-Papaさん撮影)

©Tomo-Papaさん

JR貨物は、輸送機材増備などの設備投資で、安全性の向上と安定輸送を推進し、輸送品質の向上を図ります。

当初配信の記事中に誤りがございました。訂正するとともにお詫びいたします。(2020/12/31 23:15)

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ