男鹿線キハ40・48形がまもなく引退 「ありがとう」ヘッドマーク掲出

ニュース画像:オリジナルヘッドマーク イメージ - 「男鹿線キハ40・48形がまもなく引退 「ありがとう」ヘッドマーク掲出」
オリジナルヘッドマーク イメージ

©JR東日本

JR東日本秋田支社は2021年1月30日(土)から、男鹿線で引退が近づくキハ40・48形に「ありがとう」ヘッドマークを掲出します。

男鹿線ではEV-E801系導入に伴い、キハ40・48 形車両の引退が近づいています。ヘッドマークは、引退車両への長年の愛顧に感謝して掲出されます。

同社社員がデザインを手掛けたヘッドマークには、キハ40・48形のイラストとともに「ありがとう キハ40・48」、「昭和52年-令和3年」の文字がレイアウトされています。掲出車両は、「キハ40 2088」と「キハ40 2089」の2両です。両車両は秋田〜男鹿間で運行され、JR東日本は運行パターンの詳細をホームページで公表しています。

期日: 2021/01/30から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ