「鹿島線」オリジナル フレーム切手、1月12日発売

ニュース画像:オリジナル フレーム切手「鹿島線」 イメージ - 「「鹿島線」オリジナル フレーム切手、1月12日発売」
オリジナル フレーム切手「鹿島線」 イメージ

©日本郵便

日本郵便関東支社は2021年1月12日(火)、オリジナル フレーム切手「鹿島線」を発売します。「鹿島線が水郷を走り抜けて半世紀」をテーマに作成された切手セットです。

鹿島線は、1970年8月20日に香取〜鹿島神宮間が開業、同年11月12日に北鹿島駅(現 鹿島サッカースタジアム駅)まで延伸し、香取〜鹿島サッカースタジアム間の全長17.4キロメートル(km)を結んでいます。沿線には、前川あやめ園や十二橋めぐりなどの水郷の観光地があります。

フレーム切手は、水郷地帯を走り抜ける209系、E217系、E257系の84円切手5枚が台紙に収められ、1シート1,100円で販売されます。限定400シートです。

販売箇所は、茨城県小美玉市、潮来市、鹿嶋市、神栖市、鉾田市、行方市、石岡市、稲敷市、河内町の全郵便局と、香取郵便局、佐原上仲町郵便局、佐原関戸郵便局、新島郵便局、大戸郵便局、香西郵便局、津宮郵便局、佐原郵便局、佐原堀之内郵便局の計92局です。1月15日(金)からは「郵便局のネットショップ」でも取り扱います。

期日: 2021/01/12から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

Recommend おすすめコンテンツ