宗吾車両基地見学ツアー、1月に追加開催

ニュース画像:「成田山開運号」ヘッドマーク - 「宗吾車両基地見学ツアー、1月に追加開催」
「成田山開運号」ヘッドマーク

©京成電鉄

京成グループの京成トラベルサービスは、2021年1月17日(日)と1月24日(日)の2日間、「ヘッドマーク付き車両大集合!宗吾車両基地見学ツアー」を開催します。

12月26日(土)実施の同ツアーに、多くの参加申込みがあったことから、1月の追加開催が決定しました。このツアーでは、ヘッドマークを掲出した4編成を見学できます。スカイライナーで使用される京成AE形に「成田山開運号」ヘッドマーク、京成3000形に「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク、京成3100形に浅草線相互直通運転60周年記念ヘッドマークを掲出します。さらに、宗吾車両基地内の保存車両1編成に、京成電鉄社内で保管されている昔懐かしいヘッドマークが掲出されます。

当日は、3400形車両で八広駅から出発、普段この形式の車両が走行しない成田スカイアクセス線内の区間を経由して成田空港駅まで行き、そのまま折り返し、宗吾車両基地へ入線します。宗吾車両基地では、ヘッドマークを掲出している4編成のほか、歴代のスカイライナーなど、保存車両の見学・撮影もが可能です。

ツアーの申し込みは1月6日(水)12時まで、京成トラベルホームページで受け付けています。募集人数は各回214人で、応募多数の場合は抽選となります。旅行代金は、大人2,500円、小人1,700円です。「小人」は、3歳以上小学生以下、中学生以上は大人料金です。

ツアー参加者への特典として、3400形クリアファイルがプレゼントされるほか、3歳以上小学生以下の子どもにはオリジナルスカイライナーBOX入りお菓子詰め合わせがプレゼントされます。

期日: 2021/01/06まで

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ