年末年始の新幹線利用実績、全国的に移動手控えで前年比30%台

ニュース画像:H5系新幹線 イメージ - 「年末年始の新幹線利用実績、全国的に移動手控えで前年比30%台」
H5系新幹線 イメージ

JR各社は、2020年度の年末年始期間の輸送実績を発表しました。集計期間は12月25日(金)~2021年1月5日(火)の12日間で、総じて前年比30%台となりました。新型コロナウイルス感染症の再拡大、Go Toトラベルの全国一斉停止を受け、全国的に移動が控えられたようです。さらに、年末年始にあわせた帰省も手控えられた模様です。

旅客数がもっとも多い東海道新幹線は152万人が利用しましたが、前年比32.0%に止まりました。コロナ関連の減少要因に加え、12月30日(水)から2021年1月1日(金)にかけての降積雪、強風の影響、さらに12月30日(水)は山陽新幹線で車両点検と飛来物があり、遅延や運休も発生しました。

JR東日本の東北新幹線の大宮~宇都宮・古川~北上間は、利用者数75万人で前年比32.9%だったほか、上越新幹線が55万人で36.0%、秋田新幹線が3.7万人で35.2%、山形新幹線が4万人で25.2%といずれも低調でした。

2020年度の年末年始は、JR各社の特急も概ね30%台となり、新幹線に限らず長距離移動が控えられたようです。

■各新幹線2020年度 年末年始期間 旅客実績
新幹線区間2020年度
旅客実績(人)
前年比
北海道新幹線新青森〜新函館北斗21,90028.1%
東北新幹線大宮~宇都宮・古川~北上751,00032.9%
東北新幹線盛岡~八戸107,00034.9%
上越新幹線大宮~高崎554,00036.0%
秋田新幹線盛岡~田沢湖37,00035.2%
山形新幹線福島~米沢40,00025.2%
北陸新幹線高崎~軽井沢282,00036.4%
北陸新幹線長野・東京方面130,00035.0%
東海道新幹線-1,524,00032.0%
山陽新幹線 関門通過断面341,00032.9%
山陽新幹線 小倉~博多333,00036.5%
九州新幹線博多~熊本166,00039.5%
九州新幹線熊本~鹿児島中央83,00039.9%

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ