東海道新幹線、緊急事態宣言で1/18から臨時列車すべて取りやめ

ニュース画像:N700S - 「東海道新幹線、緊急事態宣言で1/18から臨時列車すべて取りやめ」
N700S

©JR東海

JR東海は2021年1月18日(木)以降、東海道新幹線の臨時列車の運転を全て取りやめます。1都3県に出された緊急事態宣言発出を受け、運転計画を見直します。

2月28日(日)までの42日間、全ての臨時列車の運転を取りやめます。定期列車については今後も運転を継続する予定で、1時間あたり「のぞみ」号4本~6本、「ひかり」 号2本、「こだま」号2本~3本を運転します。期間中の1日平均列車本数は、見直し前の345本から309本に減少します。

また、運休する列車のきっぷは変更・払いもどしに対応します。変更は、駅窓口で当日の他の列車に変更できます。旅行を取りやめる場合は、運賃・料金を無手数料で払いもどしをします。

3月以降の運転計画については、決まり次第発表されます。

期日: 2021/01/18 〜 2021/02/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ