名阪特急、「ひのとり」と「アーバンライナー」に統一

ニュース画像:近鉄80000系 ひのとり(Yoshi@LC5820さん撮影) - 「名阪特急、「ひのとり」と「アーバンライナー」に統一」
近鉄80000系 ひのとり(Yoshi@LC5820さん撮影)

©Yoshi@LC5820さん

近畿日本鉄道は2021年2月13日(土)から、名阪特急80000系「ひのとり」の運転本数を増発します。また、「ひのとり」以外は全て21000系・21020系「アーバンライナー」で運行し、名阪特急は「ひのとり」と「アーバンライナー」に統一されます。

「ひのとり」は、2020年3月14日(土)から運行を開始した大阪難波〜近鉄名古屋間の名阪特急です。コロナ禍にあっても2020年度上半期のプレミアム車両乗車率が約7割と人気の高さが伺えます。

今回の改正で、平日の大阪難波駅・近鉄名古屋駅を毎時0分に出発する15往復はすべて「ひのとり」による運行となります。また、土・休日は毎時0分発と停車駅の少ない名阪特急の計19往復を「ひのとり」で運転します。

大阪難波駅・近鉄名古屋駅を毎時30分に出発、または主要駅に停車する名阪特急は、17往復全てが「アーバンライナー」に統一されます。

期日: 2021/02/13から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ