みなとみらい地区に日本初の常設都市型ロープウェイ 4/22誕生

ニュース画像:日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」 - 「みなとみらい地区に日本初の常設都市型ロープウェイ 4/22誕生」
日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」

©(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー

横浜市は2021年4月22日(木)、みなとみらい21地区(MM21)で、日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」の運行を開始します。

「YOKOHAMA AIR CABIN」は、桜木町駅前と新港地区の横浜ワールドポーターズ前を結ぶ全長約630メートル(m)のロープウェイです。ロープウェイは鉄道廃線跡を利用して整備された「汽車道」に沿って設置されます。所要時間は片道約5分と、アクセス時間が大幅に短縮されます。また、最大高さ40mを移動しながら横浜の魅力的な景観を楽しむことができます。

ロープウェイのゴンドラは定員8名、全36基で運転します。バリアフリーに対応し冷房も完備しています。営業時間は10時から22時を予定し、運賃は大人1,000円、子ども500円です。

期日: 2021/04/22から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ