JR貨物、トラックドライバー用アプリの試運用を開始

ニュース画像:JR貨物 - 「JR貨物、トラックドライバー用アプリの試運用を開始」
JR貨物

©JR貨物

JR貨物は、2021年度下期から全国6駅で「トラックドライバー用アプリ」の試運用を開始します。鉄道を基軸としたサプライチェーンの構築による物流全体の生産性・付加価値向上が目的です。

今回、貨物鉄道輸送における利用運送事業者の作業利便性向上と、荷役作業のさらなる安全性向上、省力化を図るため、新技術を用いたアプリを導入します。「トラックドライバー」、「フォークリフトオペレーター」、「利用運送事業者」、「貨物駅」間の強靭で持続可能な物流ネットワークを構築し、「強くてしなやかな物流」を実現します。

具体的にアプリでは、コンテナ持込・持出時間予約機能のほか、貨物列車位置・遅延情報、コンテナ位置情報、駅からのお知らせ情報を発信、これまで、ドライバーが直接参照することのできなかった各種情報をドライバーのスマートフォンへリアルタイムに提供します。また、コンテナ持込・持出時間予約により駅構内荷役作業を可視化し、混雑状況を事前に把握できるようになります。

導入駅は、函館貨物駅、仙台貨物ターミナル駅、隅田川駅、静岡貨物駅、百済貨物ターミナル駅、北九州貨物ターミナル駅の6駅です。

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ