ついに!淡路屋の駅弁「ひっぱりだこ飯」 待望の「ふた」発売

ニュース画像:ついに発売 ひっぱりだこの蓋 - 「ついに!淡路屋の駅弁「ひっぱりだこ飯」 待望の「ふた」発売」
ついに発売 ひっぱりだこの蓋

©淡路屋

駅弁などを販売する淡路屋は2021年1月20日(水)、「ひっぱりだこ飯」の壺に合う「ひっぱりだこの蓋」を発売します。

「ひっぱりだこ飯」は、兵庫県西明石駅の名物駅弁です。1998年の発売以来、ひっぱりだこ飯の購入者から「蓋が欲しい」との要望が多く、同社が製品化を検討してきました。2019年1月に「蓋付きひっぱりだこ飯」 を数量限定で販売したところ、「蓋だけ欲しい」という意見があり、量産化に向けて試行錯誤を繰り返し、今回の販売となりました。

蓋は「ひっぱりだこ飯」と同じ陶器製で、タコの頭をつまんで持ち上げるユニークなデザインです。過去に販売された、ほぼ全ての「ひっぱりだこ飯」の口径に合うように設計されています。

当初、4月10日(土)の「駅弁の日」記念商品として発売を予定していましたが、新型コロナウイルスによる2度の緊急事態宣言の発出で、駅の利用者が激減しました。駅利用者の減少は、「駅弁」という食文化の衰退に直結することから、世間から駅弁が忘れられぬよう話題作りをめざし、発売を前倒しました。

「ひっぱりだこの蓋」の価格は税込440円です。取扱箇所は、淡路屋の各店舗(新神戸店、神戸店、西明石店、芦屋店、西神中央店、神戸阪急店、神戸大丸店ほか)と淡路屋のオンラインストアから申し込みを受け付けます。

期日: 2021/01/20から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ