京阪電車、初の車内広告用デジタルサイネージ搭載

ニュース画像:車内に設置された広告用デジタルサイネージ - 「京阪電車、初の車内広告用デジタルサイネージ搭載」
車内に設置された広告用デジタルサイネージ

©京阪電気鉄道

京阪電気鉄道は、2021年1月22日(金)から順次、同社では初となる広告用デジタルサイネージの搭載を開始します。

搭載されるのは、6000系112両、13000系85両のドア上スペースです。乗降用扉6カ所のうち、3カ所の上部に18.5インのLCDモジュールが設置されます。当面は京阪グループ各社の広告を中心とした放映を行い、搭載列車の増備が進んだ2022年春頃を目途に京阪グループ外の事業者の広告放映を開始する予定です。

今回搭載されるサイネージは、案内表示装置がもつ車両の位置情報等を活用することで、大阪・京都など特定のエリアに限定して広告コンテンツを放映することも可能です。

期日: 2021/01/22から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ