IC定期券、TOICAとSuica、ICOCAをまたぐ利用が可能に

ニュース画像:利用イメージ - 「IC定期券、TOICAとSuica、ICOCAをまたぐ利用が可能に」
利用イメージ

©JR西日本

JR東海、JR東日本、JR西日本の3社は、2021年3月13日(土)から、各社のICサービスエリアをまたがる在来線定期券を交通系ICカードで発売します。

JR東海のTOICAエリアと、隣接するJR東日本Suicaエリア、JR西日本のICOCAエリアとをまたぐ定期利用が可能になります。例えば、TOICAエリアの沼津とSuicaエリアの小田原を往復するIC定期券、ICOCAエリアの彦根とTOICAエリアの大垣を往復するIC定期券が発行可能です。

このサービス開始にあわせ、東海道・山陽新幹線で各社を跨ぐ新幹線定期券も、これまでの磁気定期券に加え、Suica、TOICA、ICOCAのIC定期券で発売されます。例えば、三島〜東京間で東海道新幹線を利用する沼津〜御茶ノ水間のSuica定期券が発行可能となります。

また、在来線IC定期券による「新幹線乗車サービス」の利用可能区間も拡大されます。従来、同一社内エリアでのみ、在来線IC定期券で新幹線に乗車すると、特急料金をカード残額から自動で精算することが可能でしたが、これが、3社間をまたぐ利用でも自動精算可能となります。

期日: 2021/03/13から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ