JR東、羽田へのアクセス新線 2029年開業

ニュース画像:「羽田空港アクセス線(仮称)」 - 「JR東、羽田へのアクセス新線 2029年開業」
「羽田空港アクセス線(仮称)」

©JR東日本

JR東日本は2021年1月20日(水)、国土交通省へ申請していた第1種鉄道事業の許可を受けました。2029年に「アクセス新線」を開業します。「羽田空港アクセス線(仮称)」計画のうちの新設予定部分で、区間は、東京貨物ターミナル~羽田空港新駅(仮称)間の約5km(キロメートル)です。

「羽田空港アクセス線(仮称)」は、山手線田町駅付近から分岐する貨物「大汐線」を経由し、東京貨物ターミナルまでを結ぶ「東山手ルート」と、今回新設される「アクセス新線」から構成されます。JR東日本が、既存の鉄道ネットワークを活用し、羽田空港へのダイレクトアクセスを実現するための計画として推進しています。

建設費は、「アクセス新線」の建設費と「東山手ルート」の改良工事をあわせて約3,000億円です。今後、宇都宮線・高崎線・常磐線へ直通し、多方面から羽田空港へのアクセスが便利になります。

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ