東急、池上線旗の台駅で「木になるリニューアル」に着手 2019年春に竣工

ニュース画像:池上線旗の台駅ホーム屋根リニューアル後 イメージパース - 「東急、池上線旗の台駅で「木になるリニューアル」に着手 2019年春に竣工」
池上線旗の台駅ホーム屋根リニューアル後 イメージパース

©東急電鉄

東急電鉄は2017年11月21日(木)、池上線の旗の台駅において、11月から、木造駅の雰囲気を踏襲したまま駅舎リニューアルを行う「木になるリニューアル」事業に着手すると公表しました。東急電鉄における「木になるリニューアル」は、戸越銀座駅に続き2例目となります。

旗の台駅におけるリニューアルでは、池上線ホーム屋根の建替えが実施されるほか、ホーム待合室などの改修が予定されています。ホーム屋根の建替えは、東京都内の多摩地区で生育、生産される「多摩産材」が使用され、温かみのある木造ホーム屋根とする計画です。

なお、同事業の一部は、「平成29年度 東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」において採択を受け、この補助により実施されます。

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ