日本車輌、JR東海315系を受注 納入スケジュールを公表

日本車輌は2021年1月29日(日)、JR東海の新型通勤車両「315系」電車の受注を発表しました。あわせて、納入スケジュールを公表しています。2021年度から2025年度にかけて352両65編成が新製され、名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入される予定です。

315系は、JR東海の発足前後に導入された211系、213系、311系がそれぞれ更新期を迎え、これらの形式を置き換える目的で新製されます。2021年度末までに、7編成56両を納入予定で、5年をかけて全てが納入されます。

■315系納入スケジュール
・2022年3月期 56両(7編成)
・2023年3月期 56両(8編成)
・2024年3月期 120両(20編成)
・2025年3月期 64両(16編成)
・2026年3月期 56両(14編成)

期日: 2021/01/29から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ