銀座線1000系特別仕様車、ドア横に大型サイネージ設置へ 三菱電機の新型表示器採用

画像:ドア横サイネージ設置イメージ
ドア横サイネージ設置イメージ

©三菱電機

三菱電機は2017年11月21日(火)、同社が開発した鉄道車両向けデジタルサイネージ「トレインビジョン」の新型表示器が、東京メトロ銀座線の1000系特別仕様車2編成に採用されたと発表しました。この表示機器は、ドア横に設置される計画です。

新たに設置される「トレインビジョン」は、薄型化により、乗客の注目率が高いドア横への設置を可能としたものです。機器の厚さは、ドア上設置タイプは5センチなのに対し、新型機器は、2.75センチメートルとなっています。上下左右反転表示設定機能を搭載しており、ケーブルの接続に合わせた向きで設置が可能です。

画面サイズは、横51.5センチ、36.4センチのB3サイズで、大型画面にはフルハイビジョン映像を表示、多彩な情報が提供される計画です。

なお同表示器は、11月29日(水)から12月1日(金)まで千葉市美浜区の「幕張メッセ」で開催される「第5回鉄道技術展」で展示される予定です。詳しくは、三菱電機のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: