青森駅新駅舎、3月27日供用開始 東西通り抜けも可能に

ニュース画像:東西自由通路の完成イメージ - 「青森駅新駅舎、3月27日供用開始 東西通り抜けも可能に」
東西自由通路の完成イメージ

©青森市

JR東日本は2021年3月27日(土)5時20分から、青森駅新駅舎の供用を開始します。新駅舎とあわせ東西自由通路も利用可能となり、これまで大幅な迂回が必要だった改札外での東西通り抜けが可能となります。

新駅舎は、東口の現駅舎のホーム寄りで建設が進められています。鉄骨2階建の駅舎の中に、改札窓口、みどりの窓口、自動券売機、待合室、びゅうプラザ、多機能トイレ、NewDaysなどが設けられます。新駅舎の駅営業時間は5時20分から0時10分まで、NewDays営業時間は6時から20時40分までです。なお、同日から青い森鉄道も新駅舎に移行します。

東西自由通路は幅員約6メートル(m)、延長約170m、鉄骨造2階建てで、エレベーター・エスカレーター各2基が設置されます。

3月27日(土)は、新駅舎開業にあわせ、青森駅構内で記念イベントが開催されます。先着2,000枚限定で新駅舎開業記念ステッカーが配布されるほか、「東北デスティネーションキャンペーン」に向けた「青森のいいところ」アンケートを実施、参加者先着450名にリンゴジュースがプレゼントされます。また、先着500名に東北夏祭りフィギュアが当たる新駅舎開業クイズも実施されます。開催時間は10時から15時までです。

期日: 2021/03/27から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ