常磐線各駅停車の自動運転、3月13日開始 JR東日本初のATO導入

ニュース画像:常磐線各駅停車 - 「常磐線各駅停車の自動運転、3月13日開始 JR東日本初のATO導入」
常磐線各駅停車

©JR東日本

JR東日本は2021年3月13日(土)から、常磐線各駅停車において自動列車運転装置(ATO)の使用を開始します。JR東日本におけるATOの導入は今回が初めてです。

ATOは、運転士による運転台の出発ボタン操作により、列車衝突などを確実に防止する自動列車制御装置(ATC)信号の制限速度範囲内で、駅間の速度を自動制御するシステムです。今回の導入区間は綾瀬~取手間で、3月13日(土)初電から順次使用開始されます。

なお、JR東日本は常磐線各駅停車の他にも複数の路線で自動運転の導入に向けた準備を進めています。10月以降、上越新幹線の新潟駅~新潟新幹線車両センター間においてE7系による自動運転試験が計画されているほか、これまでも山手線でE235系による自動運転試験が実施されています。

期日: 2021/03/13から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ