房総・鹿島エリアの新型「E131系」、デビュー前に展示会

ニュース画像:E131系イメージ - 「房総・鹿島エリアの新型「E131系」、デビュー前に展示会」
E131系イメージ

©JR東日本

JR東日本千葉支社は2021年3月に、外房線・内房線・ 鹿島線で運行開始予定の新型車両「E131系電車」の展示会を開催します。展示会は勝浦駅、館山駅、潮来駅の3会場で実施します。

展示会では、新型車両の客室内や外観を見学することができます。また「半自動ドア」機能も体験できます。入場料は無料です。電車で来場する場合、一旦改札を出て、専用口で受付後に入場します。

「E131系」は3月13日(土)のダイヤ改正に合わせて運行を開始する車両で、2両編成を12編成、合計24両が新造される予定です。車内は、情報提供のための案内表示画面、フリースペース、車いす対応大型洋式トイレを設置するなど快適性が向上しています。また、モニタリング技術を活用し、車内防犯カメラも設置されます。また、主回路機器にSiC半導体素子を採用することで車両の消費電力を抑制し、環境性能もアップした車両です。

【展示会場・日時】
■ 外房線 勝浦駅(1番線ホーム)
3月2日(火)13:30~14:30
■ 内房線 館山駅(1番線ホーム)
3月3日(水)13:00~14:00
■ 鹿島線 潮来駅(2番線ホーム)
3月5日(土)13:30~14:30

期日: 2021/03/02から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ