富士山駅、「富士山の日」に日本一高い「金」の入場券発売

ニュース画像:河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「表」 - 「富士山駅、「富士山の日」に日本一高い「金」の入場券発売」
河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「表」

©富士急行

富士急行は2021年2月23日(火・祝)の「富士山の日」から、富士山駅で日本一高い「金」の入場券の購入受付を開始しました。入場券は富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅3駅共通の「純金」入場券1種と、各駅の「18金」入場券3種、計4種です。価格はそれぞれ税別700,000円と大変高額で、同社調べでは、日本一高い入場券です。

この「金」の入場券は、2020年8月に富士山駅~河口湖駅までの河口湖線が、開業70周年を迎えたことを記念した商品です。限定70個の受注販売で、発注から納品まで約3か月程かかります。発売は富士山駅で受け付けます。

ニュース画像 1枚目:河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「裏」
河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「裏」

©富士急行

河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券は、24金70g(グラム)です。雪化粧した雄大な富士山と沿線の河口湖大橋、富士吉田市の花「ふじざくら」と富士河口湖町の花「月見草」など、河口湖線沿線の自然の写真を最新のレーザー加工技術でゴールドプレート上に表現した純金製の入場券です。指定日から6か月間、富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅の3駅で入場できます。

ニュース画像 2枚目:河口湖線開業70周年記念「18金」入場券(富士山駅)
河口湖線開業70周年記念「18金」入場券(富士山駅)

©富士急行

河口湖線開業70周年記念「18金」入場券(富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅の3種)は18金20g(グラム)です。宝飾職人が手作業で一つ一つ丁寧に作り上げたもので3駅それぞれから見える雄大な富士山と駅舎や周辺観光施設を組み合わせてデザインされた立体的な入場券です。指定日から1年間、該当駅への入場が可能です。

期日: 2021/02/23から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?
  • ニュース画像:河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「表」

    河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「表」

    ©富士急行

  • ニュース画像:河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「裏」

    河口湖線開業70周年記念「純金」の3駅共通入場券「裏」

    ©富士急行

  • ニュース画像:河口湖線開業70周年記念「18金」入場券(富士山駅)

    河口湖線開業70周年記念「18金」入場券(富士山駅)

    ©富士急行

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ