JR東海、2022年度の新卒採用人数を前年の約8割に削減

ニュース画像:東海道新幹線 - 「JR東海、2022年度の新卒採用人数を前年の約8割に削減」
東海道新幹線

©RailLab ニュース

JR東海は2022年度新規採用の予定数を公表、人数を削減し約680人とする計画を明らかにしました。2021年内定者数の約8割の人数となります。

職種別の採用予定人数は、大卒を対象とした総合職の採用数が約80人、大卒を対象としたアソシエイト職が約20人、大卒、高専卒対象のプロフェッショナル職が約390人、短大卒、専門学校卒、高卒対象のプロフェッショナル職が約190人です。

各職種の採用人数の前年比は、総合職が84パーセント(%)、アソシエイト職が74%、プロフェッショナル職が77%となります。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ