車両模型とレプリカ入場券の純金製185系セット、1,000万円で発売

ニュース画像:1両200グラムの純金製185系 - 「車両模型とレプリカ入場券の純金製185系セット、1,000万円で発売」
1両200グラムの純金製185系

©JR東日本

JR東日本は、純金製185系の車両とレプリカ入場券をセットで発売します。185系車両1両あたりのサイズは、高さ20ミリメートル(mm)、長さ130mm、幅25mm、重量200グラム(g)で、入場券は縦26mm、横58mm、厚さ0.5mm、重量14gです。価格は税込み1,000万円、JR東日本リテールネットによる完全受注生産で、期間限定で販売されます。

純金だけで見た場合、3月16日(火)に田中貴金属が発表した金の小売価格は1gあたり6,738円。車両2両で400g、レプリカ入場券14g、総重量414gの価格は約279万円です。このため、金の投資としては割にあうものではありません。ただし、185系はこの春定期運用を終了、2021年3月26日(金)には運行開始40年の節目を迎えます。これを記念した受注生産、さらに純金という多くのプレミアが付き、相応しい逸品でしょう。商品は「GENERAL STORE RAILYARD」で、3月18日(木)10時から4月30日(金)23時59分まで受け付け予定です。

185系車両は2021年3月13日(土)のダイヤ改正で定期運用を終了し、JR東はその活躍を振り返る企画「メモリアル185(EXPRESS TRAIN MEMORIAL 185)」を展開しています。このうち、東京駅グランルーフ地下1階で5月9日(日)まで、「メモリアル185系おもいで館」写真展を開催しています。特設サイト「メモリアル185系おもいで館」に掲載され、JR東日本社員が撮影した185系の生き生きとした写真が展示されています。

期日: 2021/03/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:1両200グラムの純金製185系

    1両200グラムの純金製185系

    ©JR東日本

  • ニュース画像:セットを収納するケース外観

    セットを収納するケース外観

    ©JR東日本

  • ニュース画像:ケースに収納した185系車両とレプリカ入場券

    ケースに収納した185系車両とレプリカ入場券

    ©JR東日本

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ