気分は北陸本線、ほんとは新金谷~千頭をひたすら3往復のツアー

ニュース画像:E10形電気機関車(apphgさん撮影) - 「気分は北陸本線、ほんとは新金谷~千頭をひたすら3往復のツアー」
E10形電気機関車(apphgさん撮影)

©apphgさん

大井川鐵道は2021年4月17日(土)、「長距離鈍行列車ツアー」を開催します。「乗車に徹する」をメインテーマに、E10型電気機関車牽引の旧型客車列車で新金谷~千頭をひたすら3往復する鉄道愛好家、特に乗り鉄向け特別ツアーです。5回目となる今回は1982年(昭和57年)頃に、北陸本線で運転されていた、米原発->長岡行き普通列車の第523列車をイメージして運行、総乗車距離223.2km(キロメートル)、11時間29分の旅です。

ツアーのポイントは、国鉄時代によく聞かれた客車のチャイム「ハイケンスのセレナーデ」が流れ、先頭から聞こえる電気機関車特有のの吊掛けモーター音、客車ならではのジョイント音を楽しめます。車内放送では北陸本線の駅名を使用し、雰囲気を盛り上げてくれます。また、客車の横サボを持参すれば、停車中に取り付けて撮影が可能です。サボの種類は問いません。取り付けは、参加者同士での譲りあいが呼びかけられています。

ニュース画像 1枚目:「長距離鈍行列車ツアー」イメージ
「長距離鈍行列車ツアー」イメージ

©大井川鐵道

ツアーは、新金谷~千頭~金谷間の2日間有効のツアー専用乗車券とおやつ、保険代が付き、大人12,500円、小人7,000円です。おやつは、昔ながらの素朴な味わいが人気の隠れたベストセラー、「東海軒」のサンドイッチです。全車自由席で1人1ボックス使用でき、ゆったり着席できます。

申し込みは3月26日(金)9時から3月28日(日)23時59分まで、大井川鉄道ホームページの専用申込みフォームで受け付けます。定員は60名で応募者多数の場合は抽選となります。

また、オプションでお弁当の注文を受け付けます。昼食は、静岡駅の名物駅弁 東海軒の「茶飯弁当」、夕食は「幕の内弁当」です。ペットボトルのお茶がついて、税込昼食1,300円、夕食1,200円です。

期日: 2021/04/17から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ