首都圏のJRと大手私鉄、GW期間 平日通勤時間帯の列車減便

JR東日本と小田急電鉄、京急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、西武電鉄、東急電鉄、東武電鉄、東京メトロなど大手私鉄は、2021年4月29日(木)から5月7日(金)までのゴールデンウィーク期間中に、平日ダイヤで運転する日の一部線区で、列車本数を削減して運行します。

今回のダイヤ変更は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発出および国・関係自治体 からの要請を受け、人流を抑制するという国の基本的対処方針を踏まえた措置です。

列車本数の減便は4月30日(金)、5月6日(木)、5月7日(金)の朝の通勤時間帯を中心に実施します。JR東日本では通常の8割程度に、私鉄では概ね2本から10本程度の運休や一部列車の変更を実施します。

期日: 2021/04/30 〜 2021/05/07

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ