東海道新幹線、5月6日以降の臨時列車を取りやめ 緊急事態宣言受け

ニュース画像:東海道新幹線 (BBsanさん撮影) - 「東海道新幹線、5月6日以降の臨時列車を取りやめ 緊急事態宣言受け」
東海道新幹線 (BBsanさん撮影)

©BBsanさん

JR東海は2021年5月6日(木)から6月30日(水)までの期間、予定していた東海道新幹線の臨時列車の運転を全て取りやめます。

臨時列車の運転中止は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連し、政府から緊急事態宣言が発出されたことを受けた対応です。定期列車については今後も運転を継続します。

期間中の運転本数は、1時間あたり「のぞみ」が4本から6本、「ひかり」2本、「こだま」2本から3本の運転となります。1日あたりの運転本数は、平日314本、土曜日303本、休日296本です。

なお、運休列車の切符に関しては、旅行を取りやめる場合は、運賃・料金を手数料なしで払いもどしに対応するほか、他の列車に変更する場合は、当日、駅窓口が変更申出に対応、エクスプレス予約・スマートEX等では申込者自身で変更操作を行う必要があります。

期日: 2021/05/06 〜 2021/06/30

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ