仙台市交通局、南北線の新型車両デザイン決定 テーマは「進化」

ニュース画像:南北線の新型車両「3000系」デザイン - 「仙台市交通局、南北線の新型車両デザイン決定  テーマは「進化」」
南北線の新型車両「3000系」デザイン

©仙台市交通局

仙台市交通局は2021年5月19日(水)、2024年から運用開始予定の新型車両「3000系」について、デザインを決定しました。地下鉄南北線で運行される車両です。デザインを決定するため、2021年3月9日(火)から3月29日(月)までホームページで投票を受け付けていました。

「南北線車両からの進化」をテーマにしたA案、「シンプルで優しい」イメージを追求したB案、「懐かしくて新しい」デザインのC案の中から、最多の6,251票(総有効得票数の48%)を獲得したのはA案です。

決定した新デザインは、先頭の形を「くの字」にし、現行の「1000N系」スタイルを継承しています。前面窓とのバランスを考慮した太めの側面ラインが特徴です。ライトは前面ラインと一体化させ、「進化したイメージ」を演出しています。

仙台市交通局は2024年に「3000系」車両の導入を開始し、2030年度までに最大22編成の導入を計画しています。

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ