上毛電気鉄道95年、8色の車両が赤城山の麓を駆ける

ニュース画像:上毛線を走る700形(spockerさん撮影) - 「上毛電気鉄道95年、8色の車両が赤城山の麓を駆ける」
上毛線を走る700形(spockerさん撮影)

©spockerさん

95年前(1926年/大正15年)の5月27日、群馬県前橋市に上毛電気鉄道が設立されました。その2年後の1928年(昭和3年)11月10日に上毛線、中央前橋〜西桐生間が開通しました。

上毛線(上電)は全線単線で、営業キロ25.4キロメートル(km)に23駅あります。上毛三山の一つ「赤城山」の麓、前橋市と桐生市を東西に結ぶ路線は、赤城山系が一望でき、桐生市内では渡良瀬川を渡るなど風光明媚な路線です。

現在、在籍する旅客用車両は、デハ100形電車のデハ101の1両と700形電車16両です。

ニュース画像 1枚目:デハ101(ゆーぱろさん撮影)
デハ101(ゆーぱろさん撮影)

©ゆーぱろさん

デハ101は、上毛線開業時の1928年11月10日に運行を開始した車両で、2020年現在も車籍があり、イベントなどでは特別運行することもある現役車両です。また、日本で現存する数少ない可動状態の吊り掛け駆動式旧型電車で歴史のある車両です。

700形電車は、1980年(昭和55年)10月に西武鉄道から16両、1988年(平成元年)8月に東武鉄道から18両を導入しました。いずれも老朽化に伴い引退、1998年(平成10年)に京王3000系を「700形」として導入しました。現在、京王で使用された700形2両編成の計16両8編成が在籍。この8編成はそれぞれ異なる8色カラーで運行しています。

【現在運行中の700形 全8編成ラインアップ】

■711-721編成:上毛電気鉄道カラーのフィヨルドグリーン
1998年11月29日営業運転開始

ニュース画像 2枚目:711-721編成(spockerさん撮影)
711-721編成(spockerさん撮影)

©spockerさん

■712-722編成:ロイヤルブルー
1999年1月27日営業運転開始

ニュース画像 3枚目:■712-722編成(BBsanさん撮影)
■712-722編成(BBsanさん撮影)

©BBsanさん

■713-723編成:フェニックスレッド
1999年3月12日営業運転開始

ニュース画像 4枚目:713-723編成(北東航1さん撮影)
713-723編成(北東航1さん撮影)

©北東航1さん

■714-724編成:サンライトイエロー
1999年5月7日営業運転開始

ニュース画像 5枚目:714-724編成(Kazoo8021さん撮影)
714-724編成(Kazoo8021さん撮影)

©Kazoo8021さん

■715-725編成:ジュエルピンク
1999年5月21日営業運転開始

ニュース画像 6枚目:715-725編成(ジャンクさん撮影)
715-725編成(ジャンクさん撮影)

©ジャンクさん

■716-726編成:パステルブルー
1999年5月22日営業運転開始

ニュース画像 7枚目:716-726編成(トレインさん撮影)
716-726編成(トレインさん撮影)

©トレインさん

■717-727編成:ミントグリーン
2000年4月9日営業運転開始

ニュース画像 8枚目:717-727編成(BBsanさん撮影)
717-727編成(BBsanさん撮影)

©BBsanさん

■718-728編成:ゴールデンオレンジ
2000年12月28日営業運転開始

ニュース画像 9枚目:718-728編成(spockerさん撮影)
718-728編成(spockerさん撮影)

©spockerさん

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ