2021年 ローレル賞、E261系「サフィール踊り子」とN700S新幹線

ニュース画像:JR東日本E261系電車「サフィール踊り子」(walker2000さん撮影) - 「2021年 ローレル賞、E261系「サフィール踊り子」とN700S新幹線」
JR東日本E261系電車「サフィール踊り子」(walker2000さん撮影)

©walker2000さん

鉄道友の会は2021年5月26日(水)、毎年1回、前年度に日本国内で営業運転を開始した鉄道車両に対する表彰「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」の2021年度表彰車両を決定しました。このうち「ローレル賞」は、JR東日本E261系電車「サフィール踊り子」とN700S新幹線電車が受賞しました。

「サフィール踊り子」は、東京・新宿~伊豆急下田間の伊豆方面へ向かう観光列車として2020年3月14日(土)にデビューしました。「大人のIZU 本物のIZU」をコンセプトに、プレミアムグリーン車、グリーン個室、グリーン車、カフェテリアで編成された、全席グリーン車仕様の列車です。車内には天窓が設けられ、開放的でゆったりとした空間が特徴です。「サフィール」の名は、宝石のサファイヤのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージ、上質・高級で優雅な旅を楽めるよう、「サファイヤ」を意味するフランス語から名付けられました。

ニュース画像 1枚目:N700S新幹線電車(岡ちゃんさん撮影)
N700S新幹線電車(岡ちゃんさん撮影)

©岡ちゃんさん

JR東海N700S新幹線電車は、2020年7月1日に営業運転を開始しました。N700系から約13年ぶりのフルモデルチェンジとなるN700Sは、「Supreme」(スプリーム)をコンセプトとし、安全性、安定性、快適性、環境性能などすべての面で最高の車両であるとの意味が込められています。高速鉄道では世界初となる大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載、停電時でも、最低限の自力走行が可能です。また、グリーン車はフルアクティブサスペンションを搭載、普通車でも全席にコンセント、多目的フックの設置や座席リクライニングの改良など、今までにない上質な乗り心地と、さらに快適な空間を実現した“最高の新幹線”となっています。

鉄道友の会は、受賞の選定理由として、「サフィール踊り子」は最新技術を取り入れ、付加価値の高い移動空間と輸送ネットワークを提供する極めて完成度が高い車両として評価しました。

N700S新幹線については、技術、サービスの向上で日々多くの乗客を快適、安定的に輸送する車両としてローレル賞に選定しました。

期日: 2021/05/26から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ