青春18きっぷの聖地、予讃線「下灘駅」 何もない贅沢な景色

ニュース画像:下灘駅の駅名看板とホーム(jhtrainさん撮影) - 「青春18きっぷの聖地、予讃線「下灘駅」 何もない贅沢な景色 」
下灘駅の駅名看板とホーム(jhtrainさん撮影)

©jhtrainさん

今から86年前の1935年6月9日、愛媛県伊予市双海町にある予讃線の「下灘駅」が開業しました。「下灘駅」は松山駅から西へ10駅、約45分の場所に位置します。駅舎を通り抜け、ホームへ出ればきらきらと輝く伊予灘が目の間に広がります。何もない「贅沢」な景色が人々を魅了してやまない駅です。

■青春18きっぷのポスターにもなった駅舎から伊予灘を眺める

ニュース画像 1枚目:西周18きっぷでもお馴染みの構図(たけちゃんさん撮影)
西周18きっぷでもお馴染みの構図(たけちゃんさん撮影)

©たけちゃんさん

下灘駅は、「日本一海に近い駅」のひとつとしても有名な駅で、その美しい景観から「青春18きっぷ」のポスターに何度も選ばれてきました。また、数々のテレビドラマや映画、CMなどのロケ地としても知られ、今では鉄道ファンのみならず、全国から若い女性が訪れ、SNSの人気フォトスポットとなっています。

■景色を眺めるために停車中の伊予灘ものがたり

ニュース画像 2枚目:伊予灘ものがたりが停車(やまりゅうさん撮影)
伊予灘ものがたりが停車(やまりゅうさん撮影)

©やまりゅうさん

下灘駅に停車する列車は、1時間から2時間に1本程度しかなく、乗降客数も1日平均100人に満たない小さな駅ですが、その絶景からJR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」は、乗客にその美しさを味わってもらうための運転停車をします。

■最も魅力的な時間、夕暮れ

ニュース画像 3枚目:絶景の夕暮れ(jhtrainさん撮影)
絶景の夕暮れ(jhtrainさん撮影)

©jhtrainさん

下灘駅のある双海町は、「しずむ夕日が立ちどまる町」というキャッチコピーをつけて町おこしを行っているだけあって、この地に沈む夕日は絶景です。夕日と駅を撮るためにこの時間は特に訪れる人が多いそうです。

いかがでしたか?1日の中でもいろいろな表情を見せる「下灘駅」。みなさんも、「贅沢」な景色を味わいにいきませんか?

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ