JRと大手私鉄7社、AIを活用し「非対面」での乗客案内を実証実験

ニュース画像:AI さくらさん - 「JRと大手私鉄7社、AIを活用し「非対面」での乗客案内を実証実験」
AI さくらさん

©JR東日本

JR東日本、JR西日本、近鉄、京王、東急、南海、阪急の7社は、2021年7月7日(水)から9月30日(木)までの期間、AIを活用した「非対面」の乗客案内を実証実験します。

実証は、コロナ禍においても安全・安心な駅環境の提供を目的に、各事業者で実施されます。ターミナル駅での相互案内など、事業者間の連携も図る計画です。

JR東日本は渋谷駅と海浜幕張駅で、近鉄、南海は難波駅で「AI さくらさん」による駅案内を実施するほか、京王は対話型AI窓口案内ロボ 「下北沢レイ」による新宿駅・下北沢駅での質問対応、東急は「リモートコンシェルジュ」によるAIサイネージを渋谷駅と自由が丘駅に設置、阪急は「BotFriends Vision(ぼっとふれんずビジョン)」を大阪梅田駅に設置し音声による駅案内、JR西日本は大阪駅でAI案内ロボット「歩夢-AyumI-」を実証します。

実証時期は各社により異なり、京王や近鉄、JR東日本などは既に一部の施策を開始しています。

期日: 2021/07/07 〜 2021/09/30

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ