秋田内陸縦貫鉄道、沿線2高校の力作が「鉄印」に!期間限定販売

ニュース画像:県立秋田北鷹高校と県立角館高校の特別デザイン「鉄印」 - 「秋田内陸縦貫鉄道、沿線2高校の力作が「鉄印」に!期間限定販売」
県立秋田北鷹高校と県立角館高校の特別デザイン「鉄印」

©秋田内陸縦貫鉄道

秋田内陸縦貫鉄道は2021年7月14日(水)から9月30日(木)、秋田内陸線の両端の駅(鷹巣・角館)にある2つの高校とのコラボレーション企画として、特別なデザインの「鉄印」を阿仁合駅で販売しています。

この企画は、全国の第三セクター鉄道等協議会に加盟する鉄道会社が2020年7月から開始した「鉄印帳」1周年を記念し、東北デスティネーションキャンペーン期間終了まで、実施します。

特別デザインの「鉄印」を担当したのは、鷹巣駅が最寄駅の県立秋田北鷹高校と角館駅が最寄駅の県立角館高校の2校。各校5種類ずつ、計10種の「鉄印」が販売されます。記帳料は1枚300円で、乗車券と鉄印帳が必要です。販売箇所は、阿仁合駅観光案内窓口で9時から17時まで受け付けています。

期日: 2021/07/14 〜 2021/09/30

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ