川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」初編成を納入

ニュース画像:新型地下鉄車両「R211」 - 「川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」初編成を納入」
新型地下鉄車両「R211」

©川崎重工業

川崎重工業は2021年7月26日(月)、ニューヨーク市交通局(NYCT)向け新型地下鉄電車「R211」の第1編成(5両)を納入しました。今後約1年間、営業路線試験など各種検証を経て、営業運転を開始します。

今回納入した地下鉄電車「R211」は、2018年2月に受注したベース契約535両の初編成です。新型車両は、ネブラスカ州リンカーン工場で製造されました。このベース契約には、最大1,077両のオプションが付随し、全て行使された場合には生産総数1,612両に達し、川崎重工では過去最大規模の生産数となります。

「R211」は、ニューヨーク地下鉄の近代化や継続的な利用者の増加、旅客サービス向上の計画に伴い、既存の地下鉄電車「R46」の置き換えとして導入されます。LED照明やデジタル表示器の採用、混雑時のスムーズな乗り降りを考慮した従来より広いドアが特徴です。また、ベース契約には、車両貫通路を搭載した10両編成の試験車両が2編成含まれ、乗客の流動性改善効果の試験評価に使用されます。

川崎重工は1982年に地下鉄電車「R62」を受注して以来、継続的にNYCT向けの製造を行い、納入実績は2,200両を超えています。なお、「R211」は今後2023年にかけて順次、納入予定です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ