JR東、長引く台風8号の影響で東北エリアの運転計画を更新

JR東日本は2021年7月27日(火)から7月28日(水)にかけて、台風8号の接近による荒天が見込まれるため、東北エリアの一部列車について本数を減らした運転、列車の運転取りやめなど計画運休を実施します。

大雨や強風、また被害状況により、運転計画は変更になる場合があります。他の路線でも列車の遅れや運休が発生する場合があります。なお、運転計画が変更になった場合や運転再開見込みは、改めて発表されます。

【7月27日(火)の運転の見通し】
■山形新幹線 福島~新庄:18時頃から終日運転を見合わせ
■奥羽本線 福島~米沢:18時頃から終日運転を見合わせ
■東北本線 郡山~白石:15時頃から終日運転を見合わせ
■常磐線 原ノ町~仙台:12時頃から17時頃まで列車本数を5割程度に減らして運転。17時頃から終日運転を見合わせ
■仙山線 仙台~山形:20時頃から終日運転を見合わせ
■磐越東線 小野新町~郡山:15時頃から終日運転を見合わせ
■米坂線 米沢~小国 小国駅18:42発の上り列車及び米沢駅20:45発の下り列車が運休
■水郡線 常陸大子~郡山:13時頃の上り列車からと、常陸大子駅発14時頃の下り列車から終日運休

【7月28日(水)の運転の見通し】
■東北本線 白石~仙台:仙台駅0:05発の白石行きは、岩沼駅までの運転(岩沼~白石間は運転を取りやめ)、仙台駅1:22発の深夜臨時列車も運転を見合わせ
■仙山線 仙台~山形:仙台駅1:15発の深夜臨時列車は運転見合わせ
■山田線上米内~宮古:始発から昼頃まで運転を見合わせ(岡~上米内間は一部の列車を除き運転を行う予定)
■釜石線 花巻~釜石間の全線:始発から昼頃まで運転を見合わせ
■大船渡線 一ノ関~気仙沼間の全線:始発から昼頃まで運転を見合わせ

期日: 2021/07/27 〜 2021/07/28

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ