只見線が全線開通50周年 記念入場券セット発売

ニュース画像:記念乗車券 券面のイメージ - 「只見線が全線開通50周年 記念入場券セット発売」
記念乗車券 券面のイメージ

©JR東日本

只見線は2021年8月29日(日)、全線開通50周年を迎えます。JR東日本は50周年を記念し、同日から2022年2月28日(月)まで、記念入場券セットを発売します。

入場券セットは、只見駅、大白川駅の150円の入場券を各3枚、合計6枚と専用台紙がセットになり、価格は1セット900円です。各表面には只見線の歴史を伝える写真がレイアウトされ、裏面には「只見線全線開通50周年記念」の文字が印字されています。

発売枚数は1,000セット限定で、会津若松駅、会津坂下駅、只見駅、小出駅の窓口で販売されます。郵送での受付、販売は実施されまません。窓口での購入は、現金のみ取り扱います。

なお、50周年を迎える8月29日(日)は、只見駅前広場で記念セレモニー、只見駅構内ではレールスター乗車体験が開催される予定です。

期日: 2021/08/29から

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ