JR九州、来春から在来線特急料金を値上げ コロナによる乗客減で

ニュース画像:JR九州の特急 (キイロイトリさん撮影) - 「JR九州、来春から在来線特急料金を値上げ コロナによる乗客減で」
JR九州の特急 (キイロイトリさん撮影)

©キイロイトリさん

JR九州は2022年4月1日(金)から、在来線特急料金を値上げします。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による乗客減少、現在の経営環境の変化を受けたものです。

値上げ後の自由席特急料金は、現行料金が25キロまで310円のところ500円、50キロまで630円のところ750円、100キロまで950円のところ1,200円となります。さらに遠距離の各営業キロ地帯も値上げし、301キロ以上の場合は1,680円から2,6000円となります。

このほか、宮崎~南郷間や、博多~直方間(篠栗線・筑豊本線)の停車駅相互間等で設定されている自由席の特定特急料金についても各80円以上を値上げ。指定席特急料金は、各自由席特急料金に530円を加算した金額となります。

なお、特急定期券「エクセルパス」、「九州ネットきっぷ」、「2枚きっぷ」、「ハロー自由時間パス」など割引きっぷの発売額は、現行の価格から変更の予定はありません。

期日: 2022/04/01から

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ