JR北、「話せる券売機」拡大やコールセンター外注化で駅業務コスト削減

ニュース画像:JR北海道 本社 - 「JR北、「話せる券売機」拡大やコールセンター外注化で駅業務コスト削減」
JR北海道 本社

©RailLab ニュース

JR北海道は2021年8月19日(木)、駅業務のコスト削減策を発表しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大等により、厳しい経営環境下にあることを踏まえた対策です。

JR北海道が今回発表した削減策は、「話せる券売機」の導入拡大、「法人旅行札幌支店」の閉店、「お客様コールセンター」の外注化の3策です。

「話せる券売機」はこれまで計24駅に設置。2021年度中に新たに、銭函駅、厚別駅、江別駅、石狩当別駅、美唄駅、砂川駅、滝川駅、釧路駅、帯広駅、旭川駅、函館駅、新函館北斗駅、木古内駅、奥津軽いまべつ駅の14駅に設置されます。

これらの見直しにより削減できるコストについてJR北海道は、2022年度は2億円を見込んでいます。

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ