インド高速鉄道、新幹線システム採用でJR東などが新会社設立

ニュース画像:インド高速鉄道の位置 - 「インド高速鉄道、新幹線システム採用でJR東などが新会社設立」
インド高速鉄道の位置

©国土交通省

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)とJR東日本の3者は2021年9月1日(水)、インド高速鉄道の支援事業に関連する新会社「日本高速鉄道電気エンジニアリング」を設立しました。

新会社は、インド高速鉄道公社(NHSRCL)が事業主体となって進めているムンバイ〜アーメダバード間の高速鉄道プロジェクトを支援。同路線は、508キロメートル(km)の区間を約2時間で結ぶ計画です。日本の新幹線システムの導入が決定しており、特に電気パッケージは専門的知見が必要なことから、 NHSRCLが日本の技術的な支援を求めていました。

設立された新会社は、電気パッケージに従事する目的で新設。技術的知見を有するJRTT、運行主体としての知見を有するJR東日本、海外インフラ事業の専門的知見を有するJOINが共同出資し、電気パッケージにおける発注者であるNHSRCLが行う業務を代理・代行します。

期日: 2021/09/01から

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ