「EF64 37」電気機関車、てっぱくで特別展示 初日は「あけぼの」ヘッドマーク掲出

ニュース画像:鉄道博物館に展示される「EF64 37」(おなだいさん撮影) - 「「EF64 37」電気機関車、てっぱくで特別展示 初日は「あけぼの」ヘッドマーク掲出」
鉄道博物館に展示される「EF64 37」(おなだいさん撮影)

©おなだいさん

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館は2021年9月15日(水)から、JR東日本所属のEF64形電気機関車37号機(EF64 37)の「ザンナナ」の期間限定特別展示イベントを開催します。初日の9月15日(水)には、過去に牽引していた寝台特急「あけぼの」のヘッドマークを掲出します。

展示イベントは、9月15日(水)から9月27日(月)まで屋外展示エリアで開催します。車両の近くに専用エリアを設け、見学や写真撮影を楽しむことができます。見学は鉄道博物館の入館料のみで参加可能ですが、参加には「てっぱく抽選アプリ」での抽選が必要です。抽選は、1端末1日1回のみ、入館後に参加できるようになります。見学時間は入れ替えを含め10分間で、一脚、三脚、脚立および自撮り棒等の利用はできません。

また、「EF64 37」に、かつて運行していた列車のヘッドマークを掲出します。初日の「あけぼの」のヘッドマーク掲出ほか、9月16日(木)以降に掲出するヘッドマークについては、9月14日(火)に鉄道博物館ホームページで発表されます。

「EF64 37」は、1971年に製造されたE64形の5次車として甲府機関区に新製配置され、かつて中央本線の峠越えを担当。国鉄分割民営化後はJR東日本の高崎運転所や長岡車両センターへ配置され、寝台特急「あけぼの」の牽引機として活躍しました。現在は高崎車両センターに所属し、EF64形0番台の唯一の現役車両として鉄道ファンに愛されています。

期日: 2021/09/15 〜 2021/09/27

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ